toggle
2017-05-17

幸せの閃光、グリーンフラッシュを見てみたい【星砂の浜】

西表島_星砂ビーチ

本日のテーマは夕日。なかでも、このブログに何度か登場しております「星砂の浜」から眺める夕日です。星砂ビーチの詳細はこちらをどうぞー。

家から徒歩5分くらいの場所にあるビーチでして、仕事が早く終わって雨が降っていない日には、ほぼ100%こちらに出向いています。

海から戻って片付けやら翌日準備やらをして家に帰ってシャワーを浴びたら、18時とか18半とか。

そのくらいの時間にビーチに行くと、19時過ぎの日没時間に間に合います。

19時過ぎ!?

と思われた方もいらっしゃるでしょう。東京からおよそ2,000km離れた西表島。地図で見るとこのあたりです。

西表島_星砂ビーチ

隣国台湾までわずか190kmという、なんだかもう外国と言っても問題ないんじゃないかという立地ですから、そこには、“時差”的なズレがあります。

もちろん西表島だって、れっきとした日本に所属する島ですから、実質時差は存在しないんですけれども、

日の出&日の入りの時間に約40分ほど差があると、ライフサイクルはどうしても違ってきちゃうんですねぇ

ちなみに、台湾とは、日本時間-1時間の時差がありますが、西表島もそっちに合わせていただいたほうが自然なような気もします。

そんな西表島に来て、一か月が過ぎました。そして、星砂ビーチへは、週2~3ペースで足を運んでいます。

そこで気づいたこと。

西表島の西の空は、夕方になるとだいたい曇っている。

気象に関する知識が乏しいもので、どうしてなのか私には分かりませんが、とにかく夕方は雲がすごい。昼間、雲一つないカンカン照りの晴天だったにも拘わらず、です。

雲に隠れることなく、太陽が水平線に沈むのを見られたのは、なんと、たったの1回だけ。

勤務先のダイブショップにある、広くて立派なウッドデッキからの光景です。

西表島_夕日

雲一つない空にゆっくりと沈んでゆく見事な夕日。

これをね、勤務先のボスとその奥様、娘さん、そして先輩、私、の5人で「すごいねーキレイだねー」と言いながら眺め、

その平和感に震えました。

その際に、先輩に教えていただいたのが「グリーンフラッシュ(Green Flash)」。

グリーンフラッシュとは、太陽が完全に沈む直前、もしくは昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく、非常に稀な現象のことだそう。

・高い山や、離島など、地平線や水平線で日没や日の出が見られる場所

・空気の非常に澄んだ場所

この2点が観測の最低条件で、さらにその他の気象条件にも左右されるため、発生確率は非常に小さいのだとか。

言葉で説明しても分かりづらいと思いますので、こちらの動画をどうぞ。こんなふうな現象です。

なぜ緑色になるのかっていう科学的なメカニズムはぜひご自身でググっていただくとして、このグリーンフラッシュ、発生確率がものすごく低い上に、ほんの一瞬の出来事ゆえ、

その遭遇確率は、それはもうとんでもなく低いことから「見ると幸せになれる」と言われています。

見ると、

幸せに…!?

こ、これはぜひこの目で見てみたい!!!

この日ウッドデッキから見た夕日は、残念ながら緑色に輝きませんでしたが、西表島のお隣にある石垣島でも観測されたことがあるそうなので、いつか西表島でも見られるんじゃないかな、って。

しかし、それ以来水平線にきれいに沈む夕日を拝むことはかなわず、「今日こそは」という願いを心の片隅に抱きながら、毎回毎回雲の向こう側に沈んでいってしまうのを見送っているわけですが。

ただ、雲が多くても、星砂ビーチから眺める夕暮れ時の空の色は、文句なしに美しいです。

西表島_星砂ビーチ

それでは本日はこれにて終了。最後までお付き合いくださってありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
いいねと思ったらぜひシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です