toggle
2017-05-09

西表島周辺の海と、ここでのダイビングについて

西表島_ダイビング

ダイビングやりますよー!! みたいな元気いっぱいのタイトルをつけたこのブログですので、本日は、西表島でのダイビングについてご紹介したいと思います。

西表島の周辺には、日本国内最大のサンゴ礁の海域「石西礁湖」が広がっています。

西表島と、お隣の石垣島の間にある海域ですので、「西表島」の“西”と、「石垣島」の“石”をとって「石西礁湖」。

東西約30km、南北約20kmにわたって広がるこの海域には、なんと400種を超える造礁サンゴが分布しておりまして、普段お仕事で潜るダイブサイトもこの範囲に位置しています。

まだそれほど観光地化されていない手つかずの海、そこにあるのは国内最大のサンゴ礁。

おまけに400種類以上ものサンゴがあれば、そこにはきっと海の生き物の宝庫でしょうし…

つまり、ダイバーにとって最高の場所なんじゃなかろうか、と。

行ったこともないくせに、西表島への移住を決めた大きな理由の一つが、

西表島の海への期待感。

期待感だけで移住しちゃうのもどうかと思いますが、

早々に、期待は確信に変わりました。

もちろん日によって多少差はありますし、西表島近海のすべてのダイブサイトを潜ったわけではありませんが、それでも、

西表島の海の珊瑚の美しさ&海洋生物の種類の豊富さはずば抜けてる! ってことは瞬時に理解しました。

そして、波もおだやかで透明度も高く、さらに太陽の光が一番きれいに届く水深5~10mの範囲にみどころがたくさんあるのも素敵。

そんな海ですから、肉体的にも精神的にもかなり負担が少ない状態で、ゆっくりのんびりリラックスしてダイビングを楽しむことができるのもうれしいポイント。

もはやウォータースポーツというより、ヒーリングとかセラピーとかそっちのほうが近いような気すらします。

ビギナーダイバーさん、ブランクダイバーさん、シニアダイバーさん、体験ダイバーさん…

もうね、みんなまとめて面倒見てやるぜ、ってな感じの、それはそれは懐の深い西表島の海。

このような超絶私好みの海と対面し、非常に幸いなことに、到着早々移住を後悔しないで済んだわけです。いやー、よかった。

こうして始まった、西表島でのダイビングライフ。

これからは、この海の魅力をもっと具体的に、自分のお勉強もかねて、しっかりご紹介していきたいと思います。

それでは本日はこれにて終了。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
いいねと思ったらぜひシェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です